「月額料金」・「速度制限の有無」・「データ通信容量」・「サービスエリア」という4つの項目で比較検証しましたところ…。

DoCoMoだったりY!mobile(Yモバイル)において規定されている「3日間で1GB」という制限ですが、1GBと言いますとパソコンで動画を見ると、大体2時間で達することになり、あっという間に速度制限が実施されてしまいます。

WiMAXに関しては、本元と言われるUQは当然の事、MVNOと呼ばれている会社が提供しています。現実的に速度や通信サービス可能エリアが異なることはあり得ないですが、料金やサービスには開きがあります。

「速度制限なし」というのはWiMAXのみという印象が強いですが、ワイモバイルにも通信方式を切り替えることで、速度制限が掛かることなく利用できる「アドバンスモード」と呼ばれるプランがあるのです。

「速度制限が敢行される理由は何なのか?」と言うと、ネット回線に一時に集中的な接続がありますと、そのエリアで通信機器を使用中の全てのユーザーが、繋がりづらくなったり速度がダウンしてしまうからです。

プロバイダーによりけりですが、キャッシュバックの金額そのものはそれほどまで高いとは言い切れませんが、申し込み自体を手間暇が掛からないように工夫しているところもあるのです。その辺のことについても比較した上で選択するようにしましょう。

モバイルWiFiを安く使いたいというなら、当然ですが月額料金が肝だと言えます。この月額料金設定の低い機種を選びさえすれば、その先トータルで支払うことになる額も安くなりますので、最優先でその料金を意識するようにしてください。

「ネット使い放題プラン」で支持を集めるWiMAX。高速モバイル通信が使い放題のモバイルWiFiルーターとして重宝されており、導入も即時可能で、プラン内容を思えば月額料金も割と低額です。

多くのプロバイダーが、メールを使用して「キャッシュバックを振り込みます。」みたいな連絡をしてきます。購入日からだいぶ経ってからのメールになるわけですから、見落とす人が後を絶ちません。

「月額料金」・「速度制限の有無」・「データ通信容量」・「サービスエリア」という4つの項目で比較検証しましたところ、誰が選択したとしても納得してしまうモバイルWiFiルーターは、嘘偽りなく1機種のみだったのです。

完全に同一のモバイルルーターでも、プロバイダーによって月額料金は違ってきます。ご覧のページでは、今流行りの機種を“料金”順でランキング化していますので、比較してご覧いただければ幸いです。

今もってWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないというような方も、現段階でラインナップされているWiFiルーターなら、それまでのWiMAXにも繋げられますし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を支払うことにすれば、「au 4G LTE」にも接続できます。

このウェブページでは、「利用可能エリアが広いモバイルルーターを所有したい!」と言われる方にご覧いただく為に、各通信会社の利用可能エリアの広さをランキングの形式でご案内中です。

モバイルルーターと名がつくなら全て3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限が規定されています。でも常識外の利用さえしなければ、3日で3GBを使い切ってしまうことは大概ないので、そんなに不便を感じることはないと思います。

WiMAX2+と申しますのは、平成25年に開始されたWiFiサービスです。WiMAXと比較してみても、通信速度などが格段に進展し、有名なプロバイダーが最先端のWiMAXとして、キャッシュバックキャンペーンなどを打ちながら販売しているというわけです。

今現在提供されている数多くのモバイルルーターの中で、中立的な立場に立って推奨できるのはどれになるのかを、あまり通信関連が得意でないという方にもわかっていただけるように、ランキング形式でご案内させていただこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です